ほかほか健康ショップ

住まい「リフォームの基礎知識」1

2021年4月30日


戸建て住宅は建物の構造により、出来ることと、出来ないことがあります。
建物の耐用年数はメンテナンスや使用材料によって違うので、築年数だけでは判断できません。

また、戸建て住宅は建築基準法や地域により、条例や建築協定などのさまざまな規制がかかる場合があります。

例えば、防火地域では少しの増築でも確認申請が必要になるなど、構造だけでなく地域でも違いがあります。
リフォーム会社などを介して確認し、希望するリフォームができるのか、早い段階に知ることでリフォーム内容を具体的に考えることができます。

 

★大雨、強風や台風による住宅の被害はありませんでしたか?
火災保険は火事になった時にしか使えないと思われていますが、火災保険は日ごろの雨、風、雹、雪や落雷、台風、地震による自然災害にも住宅を総合的に補償する保険として適用されます。
該当する被災箇所は屋根、雨どい、雨戸、外壁、ベランダ・バルコニー、窓、庇、通気口、玄関アプローチ、カーポート、ウッドデッキなどです!

住宅無料修繕

詳しい内容は一般社団法人日本住宅保全協会代理店の
ライフスタイル総合研究所TEL:+81-3-6715-8471依田(よだ)までご連絡ください。