ほかほか健康ショップ

住まい「管理規約でリフォーム可能範囲を確認」1

2020年6月18日


マンションのリフォームは、原則的にリフォームが可能な専有部分でも、自由にリフォームできるわけではなく、法律や管理規約に基づいて工事をしなくてはいけません。
管理規約を早めに確認し、リフォームの可能範囲を確認しておきましょう。

また、最近多いのが、施主が通販などで設備や建材を直接購入し、それをリフォーム会社に工事してもらう「施主支給」です。
支給された設備や建材を工事するには、別に工事費がかかり、仕様が合わず接続や取り合いがうまくいかないこともあります。

問題点を知った上で、購入することと、リフォーム工事会社に同意を得ることも重要になります。

一般社団法人日本住宅保全協会 代理店 依田孝吉

★火災保険を使って住宅の無料修繕が出来るのをご存じですか?
火災保険は火事になった時にしか使えないと思われていますが、火災保険は日ごろの雨、風、雪や落雷、台風、地震による自然災害にも住宅を総合的に補償する保険として適用されます♪
該当する被災箇所は屋根、雨どい、雨戸、外壁、ベランダ・バルコニー、窓、庇、通気口、玄関アプローチ、カーポート、ウッドデッキなどです!

詳しい内容は一般社団法人日本住宅保全協会代理店の
ライフスタイル総合研究所03-3449-1021依田までご連絡ください。
一般社団法人日本住宅保全協会