ほかほか健康ショップ

健康とリスク「生活習慣病」1

2020年9月17日


新型コロナウィルスによる肺炎は、喫煙者が重症化しやすいと言われています。
喫煙者はCOPD(慢性閉塞性肺疾患)をお持ちの場合が多いようですが、この病気は肺が悪いだけでなく、免疫力も落ちやすい特徴があります。
そのため、肺炎にかかるとより重症化してしまうのです。

他にも、糖尿病患者は、それ以外の方よりも免疫力が落ちていますし、高血圧など併発疾患を抱えるケースが多いのです。
心不全の方も肺炎が重症化しやすいとされています。生活習慣病をお持ちの方は特に注意しましょう。

★体温が下がると体の免疫力も低下?!
低体温はがん細胞が活発に増えたり、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病、高血圧を活性化させる原因とも考えられ、万病の元ともいわれています。
体の中から基礎体温を上げる「水素春ウコン」

詳しい内容は
ライフスタイル総合研究所03-3449-1021依田(よだ)までご連絡ください。