ほかほか健康ショップ

健康とリスク「生活習慣病」2

2020年9月18日


生活習慣病は、糖尿病、脂質異常症、高血圧などですが、これらを放置し続けると、動脈硬化が起こり、心臓病や脳卒中などの重病を引き起こしてしまいます。
生活習慣病になりやすい方の特徴として、肥満、運動不足、喫煙の3点が挙げられます。
これらが重なるほどリスクは高くなります。

生活習慣病予備軍の方は、生活習慣さえ意識して気をつければ、発病を未然に防ぐことが出来ます。
今では、家で血圧を測れますし、BMIや内臓脂肪も測れる体重計もあります。自分の健康を自分で管理する習慣を持つことで病気の予防につながります。

★体温が下がると体の免疫力も低下?!
低体温はがん細胞が活発に増えたり、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病、高血圧を活性化させる原因とも考えられ、万病の元ともいわれています。
体の中から基礎体温を上げる「水素春ウコン」

詳しい内容は
ライフスタイル総合研究所03-3449-1021依田(よだ)までご連絡ください。