ほかほか健康ショップ

健康と免疫力「血流アップで体温アップ」2

2020年12月8日


体温が高いということは、体の中の血流が良いということで、血流が良くなると全身に栄養素や酸素が行き届きやすくなり、新陳代謝が活発になります。
さらに血流を良くして体温を高めると、全身の免疫力もアップします。

免疫力を正常に働かせるためには、深部体温(体内の温度)が37.2℃、体の表面の温度が36.5℃必要です。
なんと、体温が1℃上がるだけで免疫力は5~6倍アップするといわれています。

★万病の元は体温が下がること、体温が下がると免疫力も下がります!
現在の日本人の平均体温は36.2度で、1957年の統計では、36.9度だったので、半世紀の間に0.7度も下がってしまいました。
体温が1度下がると体の免疫力は3割低下するといわれています。

体の中から基礎体温を上げる「水素春ウコン」