ほかほか健康ショップ

健康と添加物「濃厚な味づくり」2

2020年10月23日


だしの素はインスタント食品の黄金トリオと呼ぶべき存在である「塩」「化学調味料」「たんぱく加水分解物」から成り立っている。
たんぱく加水分解物とは肉や大豆などのたんぱく質を分解してつくられるアミノ酸のこと。
味が濃厚で強いのと、製造過程で発がん性のある塩素化合物ができてしまう恐れがある。

さらにかつおエキスや昆布エキス、かつおパウダーなどの添加物で風味をつける。
「かつお風味のだしの素」、あるいはかつおエキスと昆布エキスを両方配合して「和風だしの素」。
チキンエキスと野菜エキス、しょうゆや香辛料を加えるとチキンコンソメやチキンブイヨン、ガラスープになる。

HEARTH PRESS 安部司氏 より

★健康の足し算、引き算!

栄養やサプリメントなどをどんどん足していく(取りこむ)のが足し算で、反対に不要なものを引いていく(排出する)のが引き算です。
桐炭は活性炭をも凌ぐ吸着力により、体内の不純物を吸着して排出を促します!
生活習慣や体の不純物が気になる方に「桐炭パウダー

詳しい内容は
ライフスタイル総合研究所03-3449-1021依田(よだ)までご連絡ください。