ほかほか健康ショップ

植物工場4

2020年10月6日


しかし、全く問題がないわけではありません。
一つは、人工光は光が弱く生育できる野菜が限られることです。
人工光で生育可能なのはレタスくらいで、イネやトマトには照度が足りなく、光源をできるだけ野菜に近づけて光を強く当てようとすると、発光ダイオードでも基盤の発する熱で野菜が焼けてしまいます。
また、建設費用や光源を光らせる電気代、冷房など、空調やクリーンルームの環境維持にエネルギーコストが大きくなってしまいます。

人工的に作られた野菜ということで一般の消費者に受け入れられるかどうか、一年中収穫できることで「旬」を味わうことや自然を味わうといった日本文化が薄れてしまうかもしれませんが、低価格で安全・美味しければ食料自給率のアップが期待できそうです。

★体温が下がると体の免疫力も低下?!
低体温はがん細胞が活発に増えたり、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病、高血圧を活性化させる原因とも考えられ、万病の元ともいわれています。
体の中から基礎体温を上げる「水素春ウコン」

詳しい内容は
ライフスタイル総合研究所03-3449-1021依田(よだ)までご連絡ください。