ほかほか健康ショップ

行動で免疫力アップ「あいうべ体操」1

2021年4月14日


緊急事態宣言の発令などで、世間では感染予防にやっきになっているようですが、どんなに気を付けても蔓延するウイルスを完全に遮断するのは至難の業です。経済活動の停止を続ければ病気の死者よりも倒産による自殺者のほうが増えてしまいます。

ウイルスが体内に入って来ても、それが増殖しなければ、何の問題もないのですから、その対策にこそ注力しましょう。ウイルスや細菌が、体の中で増殖したり悪さをしたりしないように、封じ込めてしまう力:それが人間が持っている免疫力です。

〇舌の体操で鼻呼吸をキープ

人間は本来鼻で呼吸するようにできており、鼻から入った空気は鼻毛のフィルターでほこりを除去され、鼻腔で温められ、加湿されてから気道に入ります。ところが現代人は口呼吸の人が多いために、気道が渇きやすくなり、唾液によるバリアー効果が弱まって、ウイルスに感染しやすい傾向にあります。

口呼吸から鼻呼吸に変えるだけで、ウイルスに感染する確率をぐんと減らすことができます。しかし、鼻呼吸のほうがいいと知っていても、意識しないとまたいつの間にか口呼吸に戻ってしまう、という人もいるのではないでしょうか。

 

★現在の日本人の平均体温は36.2度で1957年の統計の36.9度から0.7度も下がってしまいました。
体温が1度下がると体の免疫力は3割低下するといわれています。

毎日の健康維持に!
体の中から基礎体温を上げて、人間に元々備わっている免疫力・自然治癒力をアップする
ほかほか健康SHOPの「水素春ウコン」

詳しい内容は
ライフスタイル総合研究所TEL:03-6715-8471依田(よだ)までご連絡ください。