ほかほか健康ショップ

行動で免疫力アップ「昼間に40分以上歩いて笑う」1

2021年5月28日


〇昼間に40分以上歩く

運動は健康にいい、というのは常識ですが、免疫力向上の観点からは骨へ負荷・衝撃が加わることが重要なポイントとなります。歩いたり走ったりすることで骨に衝撃が加わると、骨の中にある骨芽細胞が刺激され、オステオポンチンというホルモンが分泌されます。
その刺激で骨髄の中で免疫細胞が増産され、免疫力の向上につながることがわかっています。

縄跳びやスキップ、ランニングなどは骨への衝撃を加えるのに大いに効果的ですが、そこまでできない、という人も多いでしょう。そんな人は歩くだけでも大丈夫。ただし自転車は衝撃がほとんどないため骨芽細胞の刺激にはつながらないようです。

 

★健康の足し算、引き算!
栄養やサプリメントなどをどんどん足していく(取りこむ)のが足し算で、反対に不要なものを引いていく(排出する)のが引き算です。炭は古来より腸の調子を整える整腸作用を持っていると云われています!
毎日の健康管理に!「桐炭カプセル」

詳しい内容は
ライフスタイル総合研究所tel:03-6715-8471依田(よだ)までご連絡ください。