ほかほか健康ショップ

住まい「家を元気に長持ちさせるには」2

2020年10月20日


気付いた時には被害が拡大していて、大掛かりな補修が必要になることもよくあります。
ですから屋根と外壁を常に健康に保って、雨水を家の中に侵入させないこと。
これこそが家を元気に長持ちさせる、たった一つの方法なのです。

日本住宅保全協会の過去の実績から、築15年以上の住宅の約7割で自然災害による被害が確認されています。

★大雨、強風や台風による住宅の被害はありませんでしたか?
火災保険は火事になった時にしか使えないと思われていますが、火災保険は日ごろの雨、風、雹、雪や落雷、台風、地震による自然災害にも住宅を総合的に補償する保険として適用されます。
該当する被災箇所は屋根、雨どい、雨戸、外壁、ベランダ・バルコニー、窓、庇、通気口、玄関アプローチ、カーポート、ウッドデッキなどです!
住宅修繕

詳しい内容は一般社団法人日本住宅保全協会代理店の
ライフスタイル総合研究所03-3449-1021依田(よだ)までご連絡ください。