ほかほか健康ショップ

健康と漢方的養生「体内の陰と陽のバランス」1

2021年1月6日


漢方には「氣・血・水」の他に「陰・陽」の考え方があります。
いずれもそのバランスが重要になるわけですが、生活に香りを取り入れる上で大事なのは、自分が嗅いだ時に心地よいと感じる、つまり体内の陰と陽のバランスがとれる香りを身にまとったり、持ち歩くこともよいと思います。

それは例えばアロマテラピーで、お気に入りのブレンドを見つけるのも楽しく、香りの好みは人それぞれ、体質によっても様々ですが、男女問わず特に人気が高いのはラベンダーです。
ラベンダーはリラックス効果と活力を与える効果の両方を持っているため、朝起きた後でも夜寝る前でも、いつ嗅いでもよいでしょう。

漢方カウンセリングルームKaon 代表 樫出恒代氏より

★健康の足し算、引き算!
栄養やサプリメントなどをどんどん足していく(取りこむ)のが足し算で、反対に不要なものを引いていく(排出する)のが引き算です。
桐炭は活性炭をも凌ぐ吸着力により、 体内の不純物を吸着して排出を促します!

生活習慣や体の不純物が気になる方に「桐炭カプセル」
詳しい内容はライフスタイル総合研究所03-6715-8471依田(よだ)までご連絡ください。