ほかほか健康ショップ

日本の住まいの知恵「心地よく環境にやさしい生活」1

2021年6月11日


■夏の快適、涼やかな生活に寄与する

夏期の高温・多湿な気候に対して、日射の遮蔽や自然風の活用による採涼は、従来から住まいに工夫して用いられてきました。夏期や中間期の「自然」を制御し活用することは、生活時の省エネルギーにも寄与します。

自然の風を取り込み涼感を得るには、掃き出し窓、高窓・天窓、越屋根、格子、続き間、吹抜け、襖、引戸、中庭。日射を遮り室内への流入を抑えるには、深い軒、日除け、窓庇、障子、植栽などです。

 

★大雨、強風や台風による住宅の被害はありませんでしたか?
火災保険は火事になった時にしか使えないと思われていますが、火災保険は日ごろの雨、風、雹、雪や落雷、台風、地震による自然災害にも住宅を総合的に補償する保険として適用されます。
該当する被災箇所は屋根、雨どい、雨戸、外壁、ベランダ・バルコニー、窓、庇、通気口、玄関アプローチ、カーポート、ウッドデッキなどです!

住宅無料修繕

詳しい内容は一般社団法人日本住宅保全協会代理店の
ライフスタイル総合研究所TEL:+81-3-6715-8471依田(よだ)までご連絡ください。