ほかほか健康ショップ

健康な身体をつくる4

2020年6月25日


湿熱とは例えば、蒸しタオルを連想してみてください。
蒸しタオルを肌にあてると気持ちがいいですが、あの蒸しタオルから水分が抜けて乾燥していたら、決して気持ちがいいとは思えません。

熱に水分が加わると、熱がマイルドになり、しかも身体の奥まで水分が熱を運んでくれます。
こたつや暖房の熱は水分を含まず乾いている「乾熱」です。

★エコロジーな桐の「健康住宅内装材」
ほかほか健康ショップでは
オリジナルの植林した桐材を販売しています。